Entries

スポンサーサイト

第4回:宮城県南三陸町の無形民俗文化財「波伝谷の春祈祷」復活に向けて

●「波伝谷の春祈祷」―部落再生を願う「お獅子さま」の存在こんにちは。我妻です。3月に入り、何となく春の訪れを感じられるようになった今日この頃。早く暖かくなってほしいとわくわくする反面、この時期になるとさまざまなことが思い出される。そんな方も多いのではないでしょうか。早いもので、今月の第2日曜日の3月11日、東日本大震災から1年を迎えます。ところで、私が長年入り続けてきた波伝谷の人にとって、3月の第2...

第3回:『波伝谷に生きる人びと―第1部―ENTER THE PLENTIFUL WORLD ! 』現地試写会の報告

皆さま当ブログを読んで頂きましてありがとうございます。本日は、2011年の12月3日、4日に行われた、我妻和樹監督作品、『波伝谷に生きる人びと―第1部―ENTER THE PLENTIFUL WORLD ! 』 の現地試写会についての報告をさせて頂きます。(こちらの記事は、私、THが書いているブログの記事からの一部転載となっております。ご了承ください。)---------------------------------------------------------僕が我妻監督と縁があったの...

第2回:ピーストゥリー・プロダクツ立ち上げの動機

ところでピーストゥリー・プロダクツ立ち上げの動機について、立ち上げ人のこれまでの活動を少し振り返りながら、触れておきたいと思います。私、我妻和樹はこれまで全くの個人で、東日本大震災の3年前から、宮城県南三陸町の海沿いに位置する「波伝谷(はでんや)」という戸数約80軒ほどの漁村で、ドキュメンタリー映画を作っていました。内容は、波伝谷という一つの地域社会の中で、互いが深く関わり合いながら生きている人び...

Appendix

プロフィール

keyakikabuto

Author:keyakikabuto
■はじめまして、1985年宮城県白石市出身の映画作家の我妻和樹(あがつまかずき)と申します。
■主な長編作品に、南三陸の震災までの3年間の日常を描いたドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』(PFFアワード2014日本映画ペンクラブ賞)、その姉妹編に当たる『光を求めて』、震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』(YIDFFインターナショナル・コンペティション2017入選)などがあります。
■現在新作『願いと揺らぎ』の劇場公開を鋭意準備中です。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。