Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peacetreeproducts.blog.fc2.com/tb.php/13-a7856e41

トラックバック

コメント

[C2] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C3] Re: はじめまして

廣瀬さま

ご連絡ありがとうございます。
現在関東方面での上映予定はまだないのですが、
自主上映会を検討してくださっている団体がいくつかあります。
しかし、それも実現するかどうかはまだ分からない状態です。
情報はブログで更新していきますので、
たまにチェックしていただけると幸いです。
なお、またなにかありましたら遠慮なく
peacetree_products@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。


> 我妻和樹さま
>
> テレビ報道関係の仕事をしております。
> 先月末の朝日新聞記事を拝見しました。
> 「波伝谷に生きる人びと」。
> 作品をぜひ拝見したいのですが、どうやったら観ることができるでしょうか。
> ちなみに私は東京住まいです。
  • 2014-02-11 17:33
  • keyakikabuto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第13回:山形国際ドキュメンタリー映画祭にて上映されます

日頃お世話になっているみなさまへ

過去に例を見ないほど強烈な台風18号が
今まさに宮城県に突入しようとしている最中ですが、
ブログを更新中です。

おかげさまで『波伝谷に生きる人びと-第1部-』が、
10月10日(木)~17日(木)にかけて行われる山形国際ドキュメンタリー映画祭の
震災関連映画特集「ともにある Cinema with Us」にて上映されることになりました。


波伝谷に生きる人びと―第1部―ポスター(山形用)05


『波伝谷に生きる人びと-第1部-』
制作:ピーストゥリー・プロダクツ 監督・撮影・編集:我妻和樹
2013年/HDカラー/16:9/128分
東日本大震災以前の南三陸の漁村を舞台に、海の恵みを一身に受け、
地域と深く関わりあいながら生きている人びとの日常を描いたドキュメンタリー映画。
物語は2008年の3月に始まり、漁業者たちの日々の営みや地域の年中行事、
そこでの多様な人間関係などが、ゆったりとした土地の空気とともに映し出されていく。
そうして物語はやがて2011年の3月11日へと向かっていく・・・。
制作に5年半の歳月を費やした作者が、震災を経験した日本人に贈る入魂の一作。


上映日は画像にも記載しているとおり、10月13日(日)の午後4時からです。
会場は山形美術館の展示室で、席は150席ほどらしいです。
詳細は山形国際ドキュメンタリー映画祭のホームページをご確認ください。

http://www.yidff.jp/home.html

ドキュメンタリーを作っている人間なら誰もが目指すヤマガタでの上映・・・。大変嬉しいです。
ちなみに初めての一般公開となる今回の上映は英語字幕入りです。

なお、この一つ前の午後2時からは、同じ南三陸町を舞台にした
『生き抜く-南三陸町 人々の一年-』(森岡紀人監督作品)が上映されます。
こちらの作品は、震災直後から1年間の南三陸町の人びとに寄り添ったもので、
僕が震災後複雑な心境で戻ることができなかった時期の人びとの様子が映されています。

他にも「ともにある Cinema with Us」では、
あきた十文字映画祭で一緒に上映させていただいた島守央子監督の『ソノサキニ』や、
岡達也監督の『南相馬市原町区 ぼくの町の住人』など、
震災に関する映画が15作品上映されます。
とりあえずこの15作品はすべて観ておかなければと思っています。

僕は今回の映画祭は8日間全て参加しますので、
見かけたら遠慮なく声をかけてもらって大丈夫です。
僕は映画最中道端で人を捕まえたことがしょっちゅうあります。
そしてそのまま喫茶店とか。(ナンパではないですよ。)
今回は捕まえられたい・・・。

それでは山形でお会いしましょう。

我妻

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peacetreeproducts.blog.fc2.com/tb.php/13-a7856e41

トラックバック

コメント

[C2] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C3] Re: はじめまして

廣瀬さま

ご連絡ありがとうございます。
現在関東方面での上映予定はまだないのですが、
自主上映会を検討してくださっている団体がいくつかあります。
しかし、それも実現するかどうかはまだ分からない状態です。
情報はブログで更新していきますので、
たまにチェックしていただけると幸いです。
なお、またなにかありましたら遠慮なく
peacetree_products@yahoo.co.jpまでお問い合わせ下さい。


> 我妻和樹さま
>
> テレビ報道関係の仕事をしております。
> 先月末の朝日新聞記事を拝見しました。
> 「波伝谷に生きる人びと」。
> 作品をぜひ拝見したいのですが、どうやったら観ることができるでしょうか。
> ちなみに私は東京住まいです。
  • 2014-02-11 17:33
  • keyakikabuto
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keyakikabuto

Author:keyakikabuto
■はじめまして、1985年宮城県白石市出身の映画作家の我妻和樹(あがつまかずき)と申します。
■主な長編作品に、南三陸の震災までの3年間の日常を描いたドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』(PFFアワード2014日本映画ペンクラブ賞)、その姉妹編に当たる『光を求めて』、震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』(YIDFFインターナショナル・コンペティション2017入選)などがあります。
■現在新作『願いと揺らぎ』の劇場公開を鋭意準備中です。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。