Entries

第18回:『波伝谷に生きる人びと』フェイスブック開設と予告編の公開について

桜が見頃の時期も過ぎ去り、いよいよ春真っ盛りです。
『波伝谷に生きる人びと』は3月以来上映はしていませんが、
6月以降は予定も入っており、忙しくなりそうです。
近々情報公開できるかと思いますので、楽しみにお待ち下さい。

さて、3月より『波伝谷に生きる人びと』のフェイスブックを開設しました。
今後細かい情報はこちらのフェイスブックで更新していきます。
(内容の濃いものは引き続きブログでも更新していきます。)
よければ以下をクリックしてページのほうを覗いてみて下さい。

『波伝谷に生きる人びと』フェイスブック


また、映画の予告編も公開し始めました。
予告編を作ったおかげで、映画の雰囲気を感じてもらうことができ、
これを観て問い合わせを下さる方もけっこういらっしゃいます。
上映につなげるため、是非拡散していただけますと幸いです。




なお、今後作品を広めていくに当たり、タイトルに付けていた
「―第1部―」は外すことにしました。もちろん、気持ちの面では「―第1部―」
なのですが、実は現時点で「―第2部―」を意識した撮影は進めていないのです。
(今後震災後に撮影した映像で続編の編集を進めますが、
それが「―第2部―」になるか、外伝のようなものになるかまだ分かりません。)
にも関わらず、半分意地であらかじめ「―第1部―」を付けていたのですが、
それだと1本の独立した作品として見られないこともあるので・・・。

しかし波伝谷の映画をライフワークとして続けていこうという
気持ちに変わりはありません。今は自分の気持ちを整理したり、
力を付ける時期だと思って撮影は進めていませんが、
いつの日か必ず新たな撮影に着手するときは来るかと思います。
それが3年後になるか、5年後になるか、10年後になるか・・・。
それまではあせらずに、今できることを頑張ろうと。
(とりあえず、今の作品の公開と、震災後の映画の編集ですね。)
そのときまで、「―第1部―」は一旦外すことにしておきます。
でも、気が変わってやはり「―第1部―」でないとダメなんだ!となれば
そのときはそのときで・・・(笑)またアナウンスさせていただきます。


余談ですが、4月20日に波伝谷部落では震災後3回目(僕にとっては10回目)
のお獅子さまを迎えました。といっても、現在は波伝谷だけでなく、
もっと広範囲を回ることになっていますが・・・。
3回目ということもあってか、何となく雰囲気も
昔に似たようなものを感じることもありました。
うまく分析はできないんですけど、単に雰囲気に慣れてきただけなのか。
獅子舞を踊る若い人や笛の子どもたちの参加も多く、
仮設に飲み歩く人の姿が少し増えてきたのも印象的でした。

しかしこれからは高台移転や、仮設住宅を出て災害公営住宅に入ったりと、
部落に残る、残らないがはっきりしてくる時期。
それに伴い、従来のコミュニティーのあり方がさらに変わってくると思います。
複雑な変化の中、地域の方々がどのようなことに葛藤しているのかを、
本来ちゃんと傍で見ていないといけないと思うのですが、
波伝谷に関わり続けて10年、僕自身も変化の中にいます。
何度も言うように、まずは今やるべきことをちゃんとやること。
それが次に作品を作る力に、きっとなっていくと思うので・・・。

ブログ第18回写真リサイズ
現在の波伝谷部落の遠景


2014年4月24日(木) 我妻和樹
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://peacetreeproducts.blog.fc2.com/tb.php/18-bca70e6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

keyakikabuto

Author:keyakikabuto
■はじめまして、1985年宮城県白石市出身の映画作家の我妻和樹(あがつまかずき)と申します。
■主な長編作品に、南三陸の震災までの3年間の日常を描いたドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』(PFFアワード2014日本映画ペンクラブ賞)、その姉妹編に当たる『光を求めて』、震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』(YIDFFインターナショナル・コンペティション2017入選)などがあります。
■現在新作『願いと揺らぎ』の劇場公開を鋭意準備中です。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる